2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、スーツの歴史を知る必要があるのか? - 2016.11.23 Wed

coffee.jpg


ブログ投稿が滞っておりました。

スーツの歴史について、どう続けて行くかを結構考えあぐねて
いた、というのと、単純に体調不良が長引いた、というのが
実際のところです。

スーツの歴史というのは、
そのまま男性の洋服の歴史
という事になります。

それはつまり、社会活動をする上での
洋服文化での男性そのものの歴史といえます。

これって、服飾の歴史というよりは、普通に世界史です。
人が、時代によってどうあるべきか、どうなりたいかを
表現してきたのがファッションですから。

どういった切り口で書いていくのが良いのか?

民族?戦争?政治?国?宗教?

その選択肢は結構、広いのです。

で、考えた結果、やはり「見た目」「格好良さ」
という、一見軽いノリで始められるところから
の視点が、ファッションらしいのかな。

という、当然といえば当然だろうという結論に
達しかけております。

最近は民俗学とかその辺も勉強をしていたのですが
そんな切り口で入ってしまうと、マニアックすぎますからね。

ちょっと脇道に逸れた時に出てくる程度に
抑えつつ、「男の格好良さって?」
という、ファッションらしい問いかけなどを
メインに、このブログの歴史カテゴリも
再開したいと思っています。

スーツといえばボー・ブランメル

という人も少なくないとは思いますが、
せっかく、スーツの起源となる装いが
誕生してから今年で350年目ですから。

そんな、起源の部分から装いの変遷を
改めて見ていくのが、楽しいんだろうな
と思います。

その時代に生きた男性は何を思い
どんな価値観で格好良さを作り上げたのか?

そこには、当時の時代背景が
色濃く反映されます。
それは、もしかしたら今に活かせる何かが
あるかもしれません。

そんなファッションの歴史を、このブログで
改めて紐解いていこうと思います。

これまでのを読み返すと
ちょっと内容が浅かったかな
という部分もありますので。

時系列で進めるのか?
テーマごとに進めるのか?
未だにまとまっていませんが

今に活きるであろうエッセンスが
見いだせるポイントがありそうなものを
ピックアップしていけたらと思っています。

今や未来に活かせるものがあるからこそ
過去を振り返る意味があるはずですから。

どうなることやら(それは更新ペースも...)
ですが、やっていきたいと思います。

いきなり、日本の着物が出てきたりするかも
ですが、そんなサプライズも含め
楽しんでいただけたらなと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://loungesuit.blog.fc2.com/tb.php/460-09a17309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |  » 生地の選び方ひとつでも、スーツは楽しめる?

プロフィール

ファッションマジシャン◇yutaka

Author:ファッションマジシャン◇yutaka
専門学校でファッションを学び始め、アパレル業界、スーツ業界など幅広いファッション業界で培った経験をフル活用し、着こなしにまったく自信がなくても、スーツを上手に、楽しく装うことで人生を豊かに彩るお手伝いを致します。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
History/服の歴史 (19)
Trend/服の今 (85)
Dressing/着こなし (83)
Dress code/ドレスコード (52)
Maintenance/手入れ (75)
Textile/生地について (52)
Break/雑記 (91)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

G-analytics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。