2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウールが定番なのはなぜ? - 2016.06.27 Mon

suit318.jpg

スーツにおいて、ウールは定番素材ですね。

このウールの地位は比較的長い間、
高いまま保たれています。

この理由は、ウールという素材の
特性が大きく関係しています。

天然素材の中でも

「唯一呼吸する素材」

なんて言われます。
これは、暑い時には涼しく
寒い時には暖かくしてくれる
素材という事です。

これ、明らさまにそう感じない
にせよ、本当なんですよ!

また、天然の撥水性も
あるので、少しの雨や
汚れは、弾いてしまう
事も出来るんですね。

このウールは、それまで貴族階級だけの
ものだった時代から、イギリスの産業革命
の際に、庶民にまで一気に広まります。

それまでの粗悪な素材で出来た生地
と比べると、格段に着心地が良く
清潔感も保てため
「健康素材」という視点での
売り文句もあった様です。

私自身、営業としてテーラー
(スーツの仕立て屋)を渡り歩いて
いた時は、真夏でも
ジャケット、ネクタイ
とフル装備でなければならず

色んな素材を試しましたが、
1番快適な組み合わせは

コットンのシャツ+ウールのジャケット

でした。
(もちろん、それでも凄く暑かった
のですが)

夏用の素材としては他に

コットン
リネン
モヘア

などがありますね。

でも、やはりウールが1番
快適だった、というのが実感
としてあります。

これは、素材としての
吸水性、吸湿性などから見た
特長もありますが、
過去の記事にも書いています>こちらから)

さらには生地の組成の問題も
ありますね。

ウールは繊維の特性上、
他の素材より糸や生地にしやすい
のです。

素材によっては、繊維同士が
上手くまとまらなくて、糸や生地に
するのに、ひと工夫必要だったりします。

大抵は、形を維持させるために
他の素材を混ぜたり、
より多い量の繊維を必要としたり、
という具合なので

生地にしたときに
「しっかりした感じ」
が出てきやすいですね。

ウールはそれが比較的ないので、
薄い生地も風合い良く出来ます。

織り目が粗く薄い生地にしやすい
というのも、ウールの良い部分
なのだと思います。

こんな部分からも、ウールはその
定番としての地位を、どんな
シーズンでも維持し続けています。

ただやはり、日本の
「高温多湿」な気候には
どんな素材もなかなか
対応しきれていないのが、
残念なところではあります。

ファッション業界の今後の課題ですね。

そんな中でも、比較的
優秀なのがウール。

というのを覚えておいて、損はないと思います。

◇◇◇無料メルマガやっています!◇◇◇
あなたのいま着ている服は、
あなたの思いにかかわらず
誰かに何かしらの印象を与えています。

自分の服で、思い通りの印象を
つくれていますか?
少しの知識と、ちょっとしたコツが
あれば自分らしく、格好良い印象を
つくることができます!

センス不要で誰でも簡単にオシャレになれる
誰も教えてくれない、ファッションというマジック
<<ファッションマジック>>のタネを大公開中!

スマートな大人の男性になるための
「着やせ×モテ×着回し」
ファッションマジック

メールマガジンです!

◇登録はこちらからどうぞ◇

**************************************


最後まで読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです。
banner2.jpg

ファッション全般のブログはこちら
banner3.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://loungesuit.blog.fc2.com/tb.php/442-fb40e1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャケットのやり場 «  | BLOG TOP |  » 汚れを知る:血

プロフィール

ファッションマジシャン◇yutaka

Author:ファッションマジシャン◇yutaka
専門学校でファッションを学び始め、アパレル業界、スーツ業界など幅広いファッション業界で培った経験をフル活用し、着こなしにまったく自信がなくても、スーツを上手に、楽しく装うことで人生を豊かに彩るお手伝いを致します。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
History/服の歴史 (19)
Trend/服の今 (85)
Dressing/着こなし (83)
Dress code/ドレスコード (52)
Maintenance/手入れ (75)
Textile/生地について (52)
Break/雑記 (91)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

G-analytics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。