2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行で変わるディテール:色 - 2016.02.01 Mon

suit238.jpg


色もまた、流行によって変わります。

・どんな色合わせ(配色)が良いか
・どんな色が良いか
・色の持つイメージ

こんなものが変わっていきます。

スーツの基本的な着こなしにおいては、配色はある程度のコントラストを出すのが良いとされます。

シャツ、ネクタイ、スーツのこの3つが同時に見えるVゾーンと呼ばれる胸元は、このコントラストが重視される場所です。

しかし、流行によっては、このコントラストが無い方が格好良いとされたり、逆にはっきりしている方が格好良いとされたり、移り変わります。

選ぶ色についても、ベーシックな色が格好良いと言われていたかと思うと、カラフルな色が格好良いと言われる事もあります。

さらに。
色から感じるイメージもまた、時代によって変わります。
ネイビーは、若い時にバブルの時期を過ごした方などは、あまり良いイメージがありません。
その頃は、あまりパッとしないネイビーの生地が大量に出回った時期で、格好良く無い、安っぽい作業着の色、といったイメージが強い様です。

一方、現代ではネイビーは深く美しい色の生地も見る様になってきました。
安っぽい感じのものだけでは無くなってきましたから、上質な色としてのネイビー(本来はそういうものでした)がそれなりの認知をされています。

この色もまた、流行がどうなっているか?
という前に、自分らしさを表現出来るのが何なのかを知っておく方が良いですね。

自分らしさと、流行を知っておく。

これは自分の立ち位置を知り、そこからどうしたいのかを明確にする事に他なりません。

ファッションとはそういう風に、教養としての視点もあるのだと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです。
banner2.jpg

ファッション全般のブログはこちら
banner3.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://loungesuit.blog.fc2.com/tb.php/393-e314fa8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「どんなシーンにも合う装い」を狙わない «  | BLOG TOP |  » 絶対的なルールはない

プロフィール

ファッションマジシャン◇yutaka

Author:ファッションマジシャン◇yutaka
専門学校でファッションを学び始め、アパレル業界、スーツ業界など幅広いファッション業界で培った経験をフル活用し、着こなしにまったく自信がなくても、スーツを上手に、楽しく装うことで人生を豊かに彩るお手伝いを致します。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
History/服の歴史 (19)
Trend/服の今 (85)
Dressing/着こなし (83)
Dress code/ドレスコード (52)
Maintenance/手入れ (75)
Textile/生地について (52)
Break/雑記 (91)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

G-analytics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。