2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生地:フィニッシュ - 2015.12.25 Fri

suit80.jpg

正確にはフィニッシング(Finishing)、整理といい、これは生地を作る最終工程のことです。

生地はその素材、糸の撚り、染め、生地の織り方だけではなく
このフィニッシングも重要な要素なのです。

良い生地というのは、絶対的な基準で決められるものではありません。

どういったシーンで、どのように装う服なのか?

そういう目的に合った生地こそが、良い生地と言えます。

ハンティング用のジャケットに、繊細でデリケートな生地は合いませんし
ディナーパーティーに、ワイルドな風合いの生地は合いません。

また、繊維がどんなものであれ、例えばカシミアを使っていても、フィニッシング次第では
その風合いは様々に変化します。

これは糸の撚り方、染め、織り方がどうであれ、同じです。

つまり、「織機が昔のものでどうこう…」なんて売り文句や
「スーパー120のカシミアを使っていて…」なんて売り文句だけでは
生地の良し悪しは分からないものです。

全ての工程が上手くミックスされた結果、生地がどうなっているかが重要なのです。

ですから私は、生地を選ぶときにブランドや素材、使った織機などだけでは
判断しません。

むしろ、生地だけを見て触り、自分の服のイメージが一番豊かにイメージできる
ものを選ぶようにしています。

ブランドなどは、選ぶ際にとても良い目安になります。
でも、気をつけていないといつの間にかブランドに判断力を左右されてしまいかねません。

そこから自由になって、自分の気に入ったものを選べるようになると
スーツのオーダーはとても楽しくなってきます。

自分らしさを表現できるスーツだからこそ、そういった選び方をお勧めします。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです。
banner2.jpg

ファッション全般のブログはこちら
banner3.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://loungesuit.blog.fc2.com/tb.php/371-38c221cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画とスーツ «  | BLOG TOP |  » コートの襟

プロフィール

ファッションマジシャン◇yutaka

Author:ファッションマジシャン◇yutaka
専門学校でファッションを学び始め、アパレル業界、スーツ業界など幅広いファッション業界で培った経験をフル活用し、着こなしにまったく自信がなくても、スーツを上手に、楽しく装うことで人生を豊かに彩るお手伝いを致します。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
History/服の歴史 (19)
Trend/服の今 (85)
Dressing/着こなし (83)
Dress code/ドレスコード (52)
Maintenance/手入れ (75)
Textile/生地について (52)
Break/雑記 (91)

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

G-analytics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。